細かい作業の効率アップ|microscopeの魅力を紹介

ウーマン

専門的に研究するなら

顕微鏡

microscope(光学顕微鏡)とは、可視光線などの光を利用した顕微鏡です。可視光線というのは、電磁波のうち、人間が視認できる波長のものを指します。「人間が目にする光」がmicroscopeのベースです。一口にmicroscopeといっても様々な種類ものがあります。代表的なものとしては、金属顕微鏡や生物顕微鏡、明視野顕微鏡や暗視野顕微鏡などがあります。もっとも基本的なmicroscopeは、明視野顕微鏡です。明視野顕微鏡は、光の吸収率の差から発生するコントラストを利用した顕微鏡です。光の吸収率が小さい試料の場合、コントラストがはっきりしないため、染料などを用いてコントラストをはっきりさせる必要があります。明視野顕微鏡の対になっているのが、暗視野顕微鏡です。明視野顕微鏡とは異なり、暗視野顕微鏡は視野の背景が暗いため、試料が光ってみえるという特徴があります。暗視野顕微鏡は、物体の表面や内部の構造を観察するのには向いていません。しかしながら、可視光線の波長以下の物体を高コントラストで観察できるという利点もあります。microscopeの用途は幅広く、染色標本の観察や無染色標本の観察といったベーシックなものから、アスベストの係数や定数分析といった専門性の高いものまで実に様々です。microscopeをはじめとした顕微鏡には様々な種類のものがあるため、それぞれの顕微鏡がどのように利用されているかを知っておくことが大切です。