細かい作業の効率アップ|microscopeの魅力を紹介

女の人
男の人と女の人

光学顕微鏡を選ぶ

microscope(光学顕微鏡)を選択するには、まず、使用目的を明確にし、それに必要な倍率や機能を備えた機種を選択することが重要です。その上で、価格、観察像、操作性や拡張性などを比較すれば、好ましいmicroscopeを選ぶことができます。

レディ

作業効率を上げる顕微鏡

microscopeは対象を立体的に観察できる光学顕微鏡の一種で、画像をモニターに映し出すのが特徴です。そのため多数の人が情報を共有でき、目が疲れにくいので精度や作業効率が向上するというメリットがあります。

顕微鏡の利用目的を知る

システム

主に医学生物学で利用する

microscope(光学顕微鏡)とは、サンプルの微細構造を拡大し、観察する装置のことです。もともと、医学生物学の分野で利用されることが多かったのですが、最近では、他の分野(技術系や工学的な分野)にも利用されるようになってきました。利用目的としては、細胞や微生物の観察が多くを占めています。細菌や真菌、マイコプラズマなどの微生物を観察し、感染の有無を調べるのが、臨床現場での大きな用途です。ただし、ウイルスは、microscopeで観察可能なサイズ以下なので、直接の観察で感染を調べることはできません。通常の光学顕微鏡の分解能は、光の波長に依存し、それ以下のナノメートルのサイズは観察できないのです。細胞の観察では、例えば基礎研究の分野で培養した細胞を観察する目的も多く、最近では、培養装置と一体化したmicroscopeで、細胞の成長や変化を経時的に観察することも可能となっています。個々の細胞を観察するだけでなく、組織や臓器を観察するという目的もあります。ただし、単独の細胞と異なり、組織や臓器は、厚みがあるため、そのままmicroscopeで観察するのは困難です。なぜなら、通常の光学顕微鏡は、光が透過する程度に薄いサンプルしか観察できないためです。そのため、数マイクロから数10マイクロメートルの厚みにサンプルを調整する必要があります。病理切片などは、そのような形式でmicroscopeの観察用に切り出されます。

顕微鏡

専門的に研究するなら

microscope(光学顕微鏡)とは、可視光線(人間が視認できる波長の電磁波)などの光を利用した顕微鏡です。microscopeには様々な種類のものがあるため、それぞれのmicroscopeがどのように利用されているかを知っておくことが大切です。